スタッフブログ

世紀のロイヤルウエディング

2012年7月29日

こんにちは

新潟県燕・三条市の結婚式場ピアザ デッレ グラツィエの写真スタッフです


暑い日が続いています(汗)

しっかり水分補給をして熱中症には気をつけましょうね!


前回はロンドンオリンピックのお話をしました

今回もイギリスのお話です(笑)

1981年の7月29日は「世紀のロイヤルウエディング」がおこなわれたそうです

去年の4月におこなわれたウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式は記憶に新しいと思います

世界各国で話題になっていましたね!



31年前はもちろん

ウィリアム王子のご両親であるチャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の結婚式です!

やはりこちらも世界中で話題になり

9人に1人がテレビに釘付けになったそうです!

因みに去年のロイヤルウエディングは3人に1人が釘付けだそうです☆

かなりの熱狂ぶりですね!



欧米では結婚式に欠かせないサムシィング・フォーと言われる

花嫁の幸せを願う4つの習慣があります

「Something  Old」(何か一つ古いもの) 「Something  New」(何か一つ新しいもの)

「Something  Borrowed」(何か一つ借りたもの) 「Something  Blue」(何か一つ青いもの)

これを当日身に付けると幸せになると言われてます

故ダイアナ元妃もキャサリン妃もしっかりと

この言い伝えを守っていたそうです!



聞いた事はあっても日本ではあまり馴染みはないでしょうか

全部は無理でも

この中で「Something  Borrowed」(何か一つ借りたもの)は

幸福な家庭を築いている家族や友人から

何かを借りてその幸せにあやかるという意味があると言われています

キャサリン妃も当日エリザベス女王のティアラをお借りしたそうです


家族のものを何か一つ身につけて結婚式ができたら本当に

幸せになれそうですよね♫

そしてそれが受け継がれていったら素敵ですね♡






新潟・長岡エリアの結婚式も好立地・好アクセスのグラツィエで♪

会場フォトギャラリー ブライダルフェア

三条市で結婚式場のお問い合わせは、ピアザ デッレ グラツィエ
新潟県三条市上須頃1625番地
TEL:0256-35-5111


コメントをどうぞ

その他の最新のブログ記事

会場フォトギャラリー ブライダルフェア

ページトップへ